あなたの体型美しく

脂肪吸引で未来の自分にプライドを取り戻す|手術でシュッとした美人

脂肪と細胞の関係

気になる脂肪

人間の身体や動物の身体は不思議なもので、進化の過程によって不要なものは切り捨てるにも関わらず、要か不要かわからないものでもまだ身体に残っているものもある。そのためそれを取り去るとどんな影響があるのか、外科手術の前には慎重に検討されることがある。脂肪吸引についてもそんな検討がされ、安全な範囲で脂肪を取り去り、プロポーションを保てるような提案ができるようになっているのである。
脂肪は身体に必要な成分である。ある研究では脂肪が男性よりも多い女性は、冷たい海に入っても長時間耐えられるように身体が出来上がっているということがわかっている。脂肪があれば気温や周囲の温度が寒い状況に置かれても、熱を逃さずに体内へ保存しておくことができるのである。女性は出産をするための身体に作られているので、脂肪を蓄積し、気温の変化に耐えやすいようにできているのである。
それでは脂肪を取り去ってしまえばその効果はなくなるのかというとそうではない。脂肪を手術で取るときは必ず安全な範囲内で施術し、女性らしい身体を保てるようにしてくれる。

脂肪細胞は人間に決められた数存在している。どんな人でも脂肪の数は同じなのである。しかし、なぜ脂肪の量に個人差があるのかというと、脂肪細胞が取り込む脂肪の量に違いがあるからである。脂質は細胞に溜め込まれるが、この摂取する脂質を減らすことができれば痩せられるのである。
それでは、脂肪吸引をして脂肪細胞を手術によって減らすとなると、どういったことが起こるのかというと、半永久的に痩せが実現できるのである。決められた数の脂肪細胞が除去されるのであるから、今後二の腕や足に存在している脂肪細胞が脂質を貯めこんでも、増える容積には限りが生じる。このため、脂肪吸引手術はリバウンドの少ない施術だといわれているのである。ダイエットをすると慣性の法則が働くのか、揺り戻しが発生する。そうなるとダイエットする前よりも太ってしまう事態がおこることもある。それを無くすことができるので、脂肪吸引は画期的なダイエット方法なのである。